TUNA QUEEN WEB SITE TOREI
信頼のブランド TUNA QUEEN 蓄養マグロ事典 蓄養マグロとは? マグロ ミニ事典 おいしいマグロレシピ
メキシコ
TUNA QUEENの産地紹介 産地紹介TOPへ戻る
メキシコ
TUNA QUEENブランドサプライヤー Aquacultura de Baja California社
メキシコ
世界有数のイワシの漁場から生のイワシをぜいたくに給餌
ロサンゼルス・サンディエゴに代表されるアメリカ西海岸。その延長線上、メキシコ国境を越え、バハカリフォルニア半島の付け根に位置するエンセナーダで、メキシコの蓄養事業が行われています。

6月から8月にかけてメキシコで捕獲されるマグロは、日本近海で生まれ育った魚の一部が太平洋を横断してはるばるメキシコ沿岸までやってきたものと言われています。まき網船で捕獲されイケスに移しこまれたマグロは、エンセナーダまで2週間程度かけて曳航されます。この海域はカリフォルニア海流によって低水温なため、色が良く身が締まった魚ができます。またエンセナーダはメキシコ国内有数のイワシ操業基地。新鮮なイワシが毎日水揚げされるため、そのイワシを餌として十分に与えることができます。冷凍の餌ではなく生の餌をメインに給餌できるのは、メキシコの蓄養場だけ!!

マグロを捕らえるダイバー
マグロを捕らえるダイバー
取り上げは、オーストラリアと同じく刺し網式で行われ、ダイバーが1尾1尾手掴みでマグロを取り上げていきます。10月〜3月まで約半年間続くので、長期間にわたって安定供給できます。

メキシコの蓄養事業は、他地区と比較して歴史はまだ浅いのですが、年々取り扱い数量が増加しており、一大事業地として発展しました。他国の蓄養場よりもロサンゼルスなどの大都市までの交通の便が良く、また日本までの空輸にかかる費用が安いため、メキシコのマグロは空輸での出荷が主流となっています。
現地TOREIスタッフの声
こちらのマグロの一部は日本生まれ。そのせいか仕事にいっそう愛着がわきます。
メキシコと言えばタコス、テキーラが想像されますが、エンセナーダはブドウの産地なので、おいしいローカルワインを楽しめます。私たちのイケスは展望台から一望することができ、時おりアザラシの鳴き声がこだまします。太平洋に沈む夕陽がイケスに映える風景は格別です。大自然に囲まれ、豊潤な海で育ったメキシコ産の蓄養マグロをぜひご賞味ください。
アザラシやペリカンもいます
アザラシやペリカンもいます
|  産地紹介TOP  |  スペイン  |  クロアチア  |  マルタ  |  ギリシャ  |  キプロス |  トルコ  |  オーストラリア  |  メキシコ  |
TUNA QUEENが新鮮なワケ TUNA QUEENが安全・安心なワケ TUNA QUEENの産地紹介 TOREIが世界に誇る加工凍結船 漁獲から食卓までの流れ
TUNA QUEEN
コピーライト 会社概要  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ