TUNA QUEEN WEB SITE TOREI
信頼のブランド TUNA QUEEN 蓄養マグロ事典 蓄養マグロとは? マグロ ミニ事典 おいしいマグロレシピ
クロアチア
TUNA QUEENの産地紹介 産地紹介TOPへ戻る
クロアチア
TUNA QUEENブランドサプライヤー
DRVENIK TUNA社
SARDINA社
KALI TUNA社
JADRAN社
クロアチア
他地域よりも時間をかけてじっくり丁寧に育成
アドリア海に浮かぶ、瀬戸内海を思わせる無数の小島。クロアチアの海岸線は島影に囲まれ適度に潮通しの良いマグロの蓄養に適した場所が数多くあります。移民としてオーストラリアで過ごしていたクロアチアの人々が、蓄養の技術を身に付けて帰国。故郷の海で蓄養事業を始めたのが1996年でした。それから10年、現在は5社が蓄養事業を行い、その内の4社の蓄養マグロをTUNA QUEENブランドとして扱っています。

クロアチアではアドリア海で捕獲した小型のマグロを円形イケスで5〜20ヶ月かけて育てます。クロアチアのマグロは全体的に小さいですが、地中海の蓄養場の中では最北に位置し最も水温が低いため、身の締まったマグロができあがります。餌は地場で獲れたイワシを中心に、ニシン、サバなど、100%天然もの。夏から秋、冬にかけて、夜明けから日が沈むまで丁寧に餌が与えられ、少しずつ脂をのせてゆきます。

クロアチア
DRVENIK社のイケス
遠くの山に雪がかかる12月、水温が15℃前後まで冷え込み、マグロも脂がのって身が締まってくる時期に冷凍向けの取り上げを開始します。クロアチアのマグロは魚体が小さいため、取り上げはオーストラリアと同じく刺し網式が主流。ダイバーが網に入って1尾ずつ捕まえ、素早く処理したマグロは加工凍結船に運び込まれ、急速凍結。冷凍向けの取り上げは2月初め頃までほぼ毎日続きます。
現地TOREIスタッフの声
脂と愛情がたっぷりのったクロアチアのマグロをぜひ召し上がってみてください。
クロアチアの景色は素晴らしく、綺麗です。周りを島々に囲まれた海はとても静かで、時おりイルカなどもイケスのまわりに遊びに来るような自然いっぱいの場所です。夏はもちろんのこと、冬の水揚げシーズンも、冷たい空気の張り詰めた朝、島の間から昇ってくる朝日がたいへん印象的でいいものです。クロアチアのスタッフは皆マグロを大切に扱う人ばかりで、愛情を込めて育てているな、と感じます。他の場所と違って2年越しで育てるので、その分愛着がわくのでしょうか?
クロアチア
クロアチアの日の出
|  産地紹介TOP  |  スペイン  |  クロアチア  |  マルタ  |  ギリシャ  |  キプロス |  トルコ  |  オーストラリア  |  メキシコ  |
TUNA QUEENが新鮮なワケ TUNA QUEENが安全・安心なワケ TUNA QUEENの産地紹介 TOREIが世界に誇る加工凍結船 漁獲から食卓までの流れ
TUNA QUEEN
コピーライト 会社概要  |  プライバシーポリシー  |  お問い合わせ